出会い系サイトを活用!?

活用一般論でよく言われることは、「恋人やメル友を探したいのであれば『出会い系サイト』、セフレを探したいのであれば『セフレサイト』を利用すべきだ」、といった論調が強い印象があります。
確かに、専門性の高さゆえに「セフレサイト」と名付けられているわけですから、セフレサイトを利用して恋人を探すというのは正直ちょっとばかり奇異な印象を与えます。
しかし、出会い系サイトを利用してセフレを探すことに対して異議を唱える人もいます。
確かに、せっかく「セフレサイト」という、セフレ探しに特化された便利なサイトがあるのだから、やはりセフレを探したいのであれば、そちらのほうを利用したほうがずっとうまくいくに決まっているではないか・・・という考え方ももちろん納得できる考え方ではあります。

ただ、良く考えてみると、セフレであろうとなんであろうと、「出会い」であることにはまったく違いないのですから、別にセフレを出会い系サイトで探すという考え方自体に問題があるわけではないということも間違いなく言えるでしょう。
それどころか、出会い系サイトを利用してセフレを探すという方法が、セフレサイトを利用してセフレを探す以上のメリットを見込むことができるとする意見もあるのです。
これはどういうことかというと、つまり、セフレサイトは「セフレがほしい人」が大挙することになります。
男性か女性かで言えば、もちろん女性だってそういう人が中にはいますが、残念ながら、セフレサイトの会員の大多数を占めているのは、やはり「男性」ということになってしまいます。
これはどう考えても自然なことであると言えるでしょう。 とすると、男性ばかりいるところに同じ男性がセフレの相手を探しにノコノコと出向いていったところで、相手探しに成功する可能性は極めて低いと考えなければなりません。
とすると、実はセフレサイトよりも一般的な出会い系サイトを利用したほうがよいのでは・・・という考え方は当然成り立つのです。
さて、みなさんはこのあたりの利害関係を果たしてどのようにとらえるのでしょうか?

私がセフレをつくる理由

セフレを作る理由積極的にセフレをつくる女性が増えています。
彼女らがエロ出会いに走る背景には、一体なにがあるのでしょう。

下記の意見は、そうした女性から得た回答です。
貞操を大切にする女性がいる一方、このような価値観が広まりつつあるのが現実のようです。
〈恋人は面倒くさい〉
女性は「恋愛大好き」というイメージが強いですが、それらに無関心または嫌悪する女性も珍しくないそうです。
ある女性は、草食系男子に辟易していると回答しました。

男子からすれば優しさ故に顔色を窺うのでしょうが、彼女は「女々しい。性欲が萎える」と一刀両断です。
また、別の女性は「すべてにおいてリードしてくれて、私をお姫様扱いしてくれるならOKする」と回答しました。
つまるところ、得ばかり出来る恋愛であれば、彼女らは受け入れるみたいです。

逆に、ひとつでも面倒事がある恋愛は許せないとの回答。
後者であれば、セックスだけ楽しめるエロ出会いを求めるそうです。

〈彼氏をつくる暇がない〉 経済的に自立した女性に多い意見です。
仕事中心の生活を送っているためそれ以外に充てる時間がなく、皺寄せとして恋愛無しの生活になっているのだとか。
また上記同様、恋は面倒くさいとの意見も挙がりました。
そんな彼女らにとって、セックスは仕事のストレスを発散できる貴重なプレイタイム。
そのため多少のお金を渡してでも、無理なスケジュールに付き合ってもらうケースもあるのだと言います。
所謂、逆援助交際ですね。
経済的に自立しているからこそ、楽しめるセックスといえます。
〈格上の女になるため〉
セックスの場数=女の魅力と考える女性は、女友達より格上でありたいがためにセフレをつくるのだそうです。
また男性が言い寄ってくる状況から、自分は魅力的な女であると自負し、その優越感に浸るのだとか。
これは恐らく、男性がハーレムを求める心理と共通でしょう。
写メを見せてもらうと、確かに“良い女”と呼べる人ばかりでした。
セックスしているから綺麗なのか、それとも始めから綺麗だったのかは不明ですが・・・。

使うか否かの分かれ目

分かれ目男性からしてみれば、セフレがほしいと考えたときに、実際に何らかの行動を起こしてセフレをつくるとするならば、やはり「セフレサイト」を利用する以外には他に方法がないわけですから、基本的にはあまり深く考えずにセフレサイトを利用するという結論に至るのではないでしょうか。
しかし、女性ともなると、男性のように単純明快な結論が待っているというわけにはいかないというのが実際のところです。
何しろ、セフレサイトよりも肉知的な密着が約束されているわけではない「ふつうの出会い系サイト」でさえいろいろな問題が起こってきている過去があるだけに、やはり、話し合いが成立した場合には、ほぼ例外なく肉体の密着が約束されるセフレサイトの場合は、ふつうの出会い系サイト以上に慎重を期す必要があるというのは間違いないところでしょう。

ところがそうは言っても、女性だってセフレがほしいと考えるならば、やはり男性と同様セフレサイトを利用してしまうのがいちばん手っ取り早いわけですから、女性にとっては、セキュリティを重視すべきか、あるいは「セフレがほしい!」という強い願望を重視すべきかが、セフレサイトを利用すべきか否かの重要なかれ目になってくるということが言えると思います。
一番理想なのが、できるだけ安全なサイトを選択するということになるわけですが、しかし、サイト自体がいかに安全であったとしても、これを利用している男性ユーザーの素性が知れない以上は、どうしても女性のセキュリティが万全であるということは言いづらい側面も確かにあります。
ですから、セフレの一般的なイメージと同じように、「とりあえず会ってセックスしてみましょう」という軽いノリではなく、ある程度相手の男性がどんな男性であるのかということに関してサイトを通じたやりとりから精査するような注意は必要になると言えるはずです。
いくらセックスしたいからといって、命あってのセックスですから、この点はぬかりなく手順を踏みたいところです。

初心者もOKセフレサイト

初心者OKセックスを神聖な行為と捉える人もいますが、スポーツまたはコミュニケーション手段と捉える人もいます。
あなたが後者であるなら、気軽にセックス出来る相手を渇望しているのではないでしょうか。
ところが、そうした相手はなかなか見つかりません。
セックスは楽しさと同等のリスクを孕んでおり、一歩を踏み出すには相当な勇気を要するためです。

そこでおすすめしたいのは、セックスフレンド探しに特化した〈エロ出会い系サイト〉の利用です。
〈セフレサイト〉の略称で親しまれるこのサービスは無料で利用できるところも多く、重宝されています。
とはいえエロ出会い系サイトだけあり、悪質業者には警戒が必要です。
サービス利用前には、サイト名やドメイン名を検索エンジンで振いに掛けましょう。
怪しい情報が見つかった場合には、利用を中止したほうが賢明です。
また大手掲示板に投稿された記事や、口コミサイトの情報もご活用下さい。
コツは、良い情報ではなく、悪い(マイナス評価の)情報を中心に目を通すことです。
登録?利用の流れは、概ねのエロ出会いサイトで共通しています。

まずは該当フォームにメールアドレスを入力・送信し、折返し届く自動返信メールに従ってください。
プロフィールページの設定は任意ですが、未設定だと〈悪戯ユーザー〉〈やる気のないユーザー〉と捉えられ、相手にしてもらえないケースが多いです。
登録手続きが完了した後は、気になる女性にメールやメッセージ機能で接触していきます。
有料サイトの場合は、送受信の度に料金が発生するのでご注意ください。
運よく返信がもらえた場合は、メッセージをリレーしつつ交流を深めます。
その中で相手を見極め、今後の方向性を決めましょう。
写真をはじめ画像ファイルを交換する場合は、法律に触れない範囲で楽しみましょう。
モザイクが掛かっていない局部画像の送受信は、法律に触れます。

いずれの女性であっても、関係成立のコツは〈誠実さ〉と〈価値観の一致〉です。
これらが一致しない場合、関係を持ったところで長続きは難しいでしょう。
長く楽しめる相手が欲しい場合は、この段階に時間をつぎ込むべきです。

読んでもらえるメール、読んでもらえないメール

メールエロ出会いサイトで知り合った女性とは、メールやメッセージ機能を用いて交流することになります。
昨今は早い段階でメッセージアプリへ移動・交流する人もいます。
この場合は
相手がメッセージを確認したかどうか〈既読・開封マーク〉でわかるので、どこか安心感があります。
しかし、必ずしもメッセージアプリへ移動・交流できるとは限りません。
相手が応じてくれなければ、どうしようもありませんからね。
エロ出会いサイトの中には、男性とのメッセージ交換数に応じてポイントが貰える(金銭的な報酬が出る)ところもあり、なかなか難しいところです。

この場合、相手がメッセージを開封してくれたかどうか確かめる術はありません。
そうした機能が備わっていれば別ですが、大半はシンプルな―送受信だけの機能です。
また開封してもらえたからといって、返信がもらえる保証はありません。
つまらないメールであれば「返信する価値なし」、読みにくいメールであれば「読む価値なし」と、開封以上の手間を掛けては貰えないのです。
では、どういったメールが該当するのか。
下記は一例ですが、肝に銘じておきましょう。
〈つまらないメール〉
・挨拶がない
・自分語りが中心
・自虐ネタが豊富
・行為を求めるだけの内容
・男尊女卑が滲み出ている
〈読みにくいメール〉
・濁点や改行が皆無
・難解な漢字多用
・くどい言い回し
・1000文字を越える長文

基本的に、自分が貰って嬉しいと感じられないメールはNGと考えておきましょう。
また女性は気が短く、気まぐれです。
返信は即日を心がけ、遅れる場合はその旨だけでも返信しましょう。
自己紹介に関しては、メールでは最低限にとどめプロフィールページに誘導するようにしましょう。もちろん充実したプロフィールページは必須ですが、たったこれだけでメールの文字数をざっくり削り取れます。
また閲覧するか否かの選択肢を、女性に委ねるという点も重要です。
何故なら、大半の女性は押しつけを嫌うためです。
返信を貰い、またメールリレーを継続するコツは、嫌われないことです。
紳士であることを心がけ、女性に安心感あるメールリレーを提供しましょう。
セフレという関係であっても、もっとも評価されるのは誠実さだからです。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ